人気ブログランキング |

2011年 10月 03日 ( 1 )

懸賞 懸賞

リメンバー・ミー    

懸賞 2011年 10月 03日 懸賞

f0195131_22879.jpg大学生の恋愛モノ・・・かと思いきや、
いい意味で期待を裏切られた 秀逸作

父と息子の関係が軸になる辺り、最近観た
『 未来を生きる君たちへ 』と被る気もしましたが、
心憎いまでの展開にうなりっ放し☆

トワイライトシリーズで恋するヴァンパイア役、
R・パティンソンが主演。
魂の叫びさながら 感情を爆発させる切ない姿は、
R・フェニックスの面影を感じさせました。

感情のまま、苦しみや悲しみを訴えるのが子供。
苦しくても、悲しくても、取り繕うのが大人。

007シリーズで以前 ジェームズ・ボンド演じた、P・ブロスナンが主人公の父親役です。
子供に対して愛情無いんじゃねーの?
と思ってしまった位に、ドライなやり手弁護士の風貌が・・・。

主人公ナタリーと、年の離れた大切な妹との関係。
似たトラウマをもつ彼女、チャラ男だけどどこか繊細なルームメイト。




バラバラに見えたモノが、『人生』というパズルのピースを形作っていて、
予告編や作品紹介にも“あえて”出さずにアプローチしてる事

黒板に記された日付、高層ビルから外を眺める ナタリーの場所。

直接映像は出ないのに、衝撃と共に観客は
脳内に そのヴィジョンを自動再生出来てしまう。

この演出はズルい。。。
でも 人生自体、唐突に「当たり前のこと」が破壊される。

観終わったあとに感じる、題名の意味深さ・・・圧巻でした(/_;)



by heart-charge08 | 2011-10-03 22:08 | 映画