君の名は。 

懸賞 2016年 09月 29日 懸賞





予告編観た時から、絶対劇場で観よう!
そう決めてた深海誠監督作品『君の名は。』

何度も劇場に足を運んだのに、昼前に行った時点で夜の回も微妙な状態で、
長かったな~(ノД`)・゜・。

幾つになってもラピュタが好きな私には、
何となくオマージュに感じる箇所も多々あり、
ジブリ作品に迫り、越えて行きそうな勢いに何だか興奮を覚えます。

畳の淵の部分や組み紐、滑る襖。
下からの視点が新鮮に映る。

モチーフになる神社や神様も、神社巡り好きには堪らないポイント。

男女入れ替わる設定も、
内股気味な神木クンの姿が浮かんでくるから不思議(笑)

声優より俳優メインにキャスティングするようになったジブリ作品より、
よっぽど自然に見れたのは何でだろう。

イメージにそれだけ合っていたからなのか、
監督の世代のせいか。
違和感なく観られるのが すごく嬉しかったな。

これはDVDも欲しいし、久々劇場でリピーター鑑賞もしたい。
そう思えた作品でした。


[PR]

by heart-charge08 | 2016-09-29 23:42 | 映画 | Comments(0)

<< 巡る季節の訪れ     欲張りなリハビリ食★   >>