スティーブ・ジョブズ  

懸賞 2013年 11月 10日 懸賞

f0195131_23145442.jpgiphoneが気になってたから 観た訳じゃくてよ★
た、多分ね(笑)。

死んでから やたら存在が美化されてたし、
ジョブズ役がA・カッチャーだったのも気になり、
興味津々の作品でした。

若い頃から健在の、アクの強い存在感。

ガレージからスタートしたappleは、
立ち上げメンバーをも振り落して成長していく。

プレゼンテーションの旨さにカリスマ性、反面、
そのワンマンさと非道さで敵も多かった彼。

オフ会メンバーからは、若い頃のジョブズは人間としてひど過ぎ!サイテー!!
演じたアシュトン迄嫌いになった・・・とのコメントが(笑)。
以前観た、 ソーシャルネットワーク に共通するモノがあります。

後半、取締役会での権力争いがメインになってしまい、
もう少し 人物像を深く描いて欲しかったけど・・・尺的にもこれが限界かな?


アシュトンは ジョブズ象をイメージ再現してたと思います。
猫背っぽい姿勢、ひょこひょこ歩く感じ、
不思議とジョブズの輪郭に彼の雰囲気がマッチングしていたような・・・。

もうちょい、エグい切り口での描写も欲しかったな(^^ゞ



[PR]

by heart-charge08 | 2013-11-10 23:14 | 映画

<< 三碧・笑ちゃんとシェアする、南...   アクシデントとラッキーと✩   >>