天使と悪魔  

懸賞 2009年 06月 24日 懸賞

f0195131_035256.jpg
原作が濃厚だった分・・・軽く感じてしまった。
原作のボリュームを映画の尺に収める事自体、
別モノと捉えてたほうがいいみたい。

愛の崩壊と再生科学と宗教の融合

私の中で作品から受けた印象が、
映画では全く感じられず・・・★


何故 教皇を暗殺したのか?
その凶行に駆り立てたものは?

教皇は何故 科学を迎合したのか?
なにを伝えたかったのか?
残したかったのか。

このバックグラウンドがあったからこそ、原作のカメルレンゴの最後は
切なくもあり、許される瞬間だったかもしれない。
可愛さあまって憎さ百倍。
そこに至る経緯があるからこそ、内面の陰と陽・天使と悪魔。

おそらく 誰もが抱えるであろうものの正体。

根底にある愛が描かれてないので、
謎解きで終わっちゃったような・・・。
エグい描写は少々有ったけど ホントにちょっとだけ。

キャラクター設定も随分原作と違いがあり、意表をつかれました。

一番の収穫は暗殺者。
性的嗜好に偏りがあり、本能的に蛮行を好むこの役はどんなのだろうと思ったら。
ドS インテリ風味!!!

私のストライクゾーンでした(笑)。
ここで持ってかれるとは・・・(-_-;)


原作読んでない方は、機会あれば是非読んでみることお勧め。
改めて作品のベースとなる愛を感じていただければと思います。
[PR]

by heart-charge08 | 2009-06-24 00:03 | 映画

<< キッカケ   天使と悪魔文庫本   >>